脱毛の問題点、トラブルとは?

脱毛の危険性

脱毛のトラブルについて

脱毛のトラブルには次のような問題点が指摘されています。
順番に見ていきましょう。

埋没毛

カミソリや毛抜きで自己処理した場合、良くなりやすいのが埋没毛です。
埋没毛は、皮膚の中に、毛が埋まってしまい、炎症などを起こします。
カミソリや毛抜きで処理した場合、皮膚に傷がつき、皮膚は修復しようとします。
その修復段階で毛が生えてきて、皮膚の中に埋まってしまいます。

埋没毛が炎症などを起こしていなければ、そのまま放置していても、自然と毛が外に出てきて治ることもあります。
無理やり自分で出そうとすると、皮膚に傷がつき、跡が残ってしまう可能性があります。せっかく肌を綺麗に見せようと脱毛したのに、跡が残ってしまったら、逆効果です。

ただし、炎症を起こして放置していると毛嚢炎になることもあるので注意が必要です。
埋没毛が放置していても治らない、炎症を起こしている、見た目でわかってしまって気になるという場合は、皮膚科にいって相談し治療してもらうと良いそうです。

毛嚢炎

毛嚢炎とは、毛包という毛根を包んでいる組織が細菌に感染しておこる皮膚病です。
ニキビのようになったり、しこりのようになったりします。
軽い症状の場合は、痛みやかゆみはないそうですが、重い症状では、発熱する、痛みをともなうという症状があります。
毛嚢炎になった場合は、皮膚科に行くことをおすすめします。
薬を処方してくれるそうです。

肌荒れ

カミソリで剃ると皮膚の表面まで剃ってしまうことがあります。
そのため、処理後、放置しておくと肌の保護機能が失われることになります。
肌の保護機能が失われると、処理した部分に細菌が入りやすくなってしまいます。
専用のクリームなどでの処理後のケアが大事だと思います。




◆新着更新記事

脱毛行わない部位はどこ?(2014/02/16)


脱毛のトラブルについて(2013/04/11)


剃刀脱毛について(2011/12/14)


家庭用脱毛器の脱毛方法について(2010/08/04)